情報科学

誰でも、いつでも、どこからでも──加藤周一の「手稿ノート」をデジタルで読もう!

国際的知識人加藤周一の遺した1万頁を超える「手稿ノート(手書きノート)」をデジタルアーカイブ化し、一般公開していきます。

加藤周一現代思想研究センター(立命館大学)
Twitter シェアボタン
Facebook シェアボタン
これまでに集まった金額
¥3,145,000
314.5%

サポーター

139

募集終了

お気に入りに追加する

このプロジェクトは、までに目標金額の¥1,000,000が集まれば成立します。

Twitter シェアボタン
Facebook シェアボタン

加藤周一現代思想研究センター

立命館大学
加藤周一現代思想研究センター
 

研究内容

日本思想史、現代日本思想史、ことに加藤周一を軸とした戦後日本史思想史  「青春ノート」内容分析、加藤周一「雑種文化論」の検討、『日本文学史序説』の検討、 加藤周一と丸山眞男など

自己紹介

2015年に設立された本研究センターは、立命館大学図書館加藤周一文庫に所蔵される図書や資料類を使って、加藤周一および現代思想にかかわる研究を進め、講演会などを通して社会発信することを目的としています。現在、加藤が遺した「手稿ノート」のデジタルアーカイブ構築とその公開、「東北アジアにおける戦後日本思想」「身振り言語にみる戦後日本の知識名」といった研究を進め、加藤周一記念講演会を毎年催しております。また東京女子大学の丸山眞男記念比較思想研究センターと研究提携を結び、毎年共同企画を制作し、今回はパネルとWEBによる展示を行なっています。

プロジェクト数

1

プロジェクトについて質問する

リターン

¥1,000

サンクスメール&ホームページの謝辞欄にお名前掲載

ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

個数無制限

28人が支援

¥5,000

あなた自身のためのオリジナル「手稿ノート」

※画像はイメージです。

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

加藤周一の代表作の一つである『羊の歌』の表紙を使った、特製のノートを岩波書店の御協力のもと、提供いたします。あなた自身の「手稿ノート」を作ってみませんか?

個数無制限

32人が支援

¥13,000

加藤周一現代思想研究センター・クラウドファンディングオリジナル万年筆

※ 画像はイメージです。

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

加藤周一現代思想研究センター・クラウドファンディングオリジナル万年筆を御用意しました。加藤周一が残した「手稿ノート」の多くは万年筆で書かれています。また近年、日々の暮らしの中で万年筆を使う人が増えています。この万年筆で、あなた自身のアイデアや記憶をしたためてみてはいかがでしょうか?

個数無制限

17人が支援

¥17,000

加藤周一オリジナル文具セット

※画像はイメージです。

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

加藤周一の代表作の一つである『羊の歌』の表紙を使ったオリジナル「手稿ノート」と、加藤周一現代思想研究センター・クラウドファンディングオリジナル万年筆とを組み合わせた、今回限定の文具セットを御用意しました。この万年筆と「手稿ノート」で、あなた自身のアイデアや記憶をしたためてみてはいかがでしょうか?

個数無制限

13人が支援

¥20,000

『称える言葉 悼む言葉――加藤周一推薦文・追悼文集』+加藤周一オリジナル文具セット

※画像はイメージです。

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

加藤周一は短文の名手でした。推薦文も追悼文も短文で書かれ、しかもそこに対象の全体を表現します。書き手の力量が問われます。本書は加藤の文章を学ぶには恰好の書であり、執筆者や編集者が高く評価しています。これに加藤周一オリジナル文具セット(『羊の歌』の表紙を付けたあなた自身の「手稿ノート」と立命館大学と加藤周一現代思想研究センター・クラウドファンディングオリジナル万年筆を組み合わせた文具セット)を御用意いたしました。

残り161個

35人が支援

¥20,000

女相撲の画(複製)

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

女相撲の態様がたくさん書かれる一葉の印刷物です。加藤が中国を訪問したときに購入したと思われます。中国製、現品限りです。

定員に達しました

1人が支援

¥30,000

非公開資料の見学ツアー(50名限定)

+ サンクスメール
+ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

加藤周一文庫には、開架式に配架される書籍雑誌のほか、閉架式に所蔵される書籍雑誌と資料類があります。閉架式に所蔵される図書と資料は原則非公開ですが、これらを特別に閲覧に供し、資料についてスタッフが御説明いたします。

残り39個

10人が支援

¥30,000

メキシコ・プリミティヴ絵画

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

1986年に加藤周一はメヒコ大学の講義のためにメキシコを訪れました。そのときに現地で入手したものでしょう。木の皮をなめした木皮紙に描かれた、原色鮮やかなプリミティヴ絵画です。加藤の書庫に所蔵されていました。

定員に達しました

1人が支援

¥40,000

プリンストン大学での講演ポスター(2点限り)

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

1987年に米国プリンストン大学で行った加藤の講演会のポスターです。加藤の書庫に所蔵されていましたが、大判でカラー印刷されています。額装はありません。

残り1個

1人が支援

¥50,000

『加藤周一と仕事いきいき女たち』(平凡社、1986年)(現品限り)

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

月刊『太陽』に連載された対談を単行本化した書籍です。写真が多数使われています。中村紘子、富岡多恵子、岸惠子、吉永小百合ら12名の活き活き生きる女性たちを相手に楽しんだ対談が載っています。加藤の書庫に所蔵されていました。保存状態は良好、初版本、現品限りです。

定員に達しました

1人が支援

¥50,000

『言葉と戦車』(筑摩書房、1969年、初版本)(現品限り)

+ サンクスメール
+ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

加藤周一の『言葉と戦車』は、1960年代の世界を論じた評論集ですが、なかでも「言葉と戦車」は、1968年に起きたプラハへのソ連軍の侵攻を論じて、今でも引用される加藤の代表的な著作です。筑摩書房版上製本函入り、初版本は入手困難です。加藤の書庫に所蔵され、保存状態は良好で、現品限りです。

定員に達しました

1人が支援

¥50,000

『運命』(大日本雄弁会講談社、1956年、初版本)(現品限り)

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

『運命』はフランスに暮らす日本人留学生の生態を描いた小説です。彫刻家高田博厚と加藤周一をモデルに描かれています。著作集や自選集などにも収められず、文庫にも入っていません。入手困難な函入り初版本ですが、保存状態は良好。加藤の書庫に所蔵されていました。現品限りです。

定員に達しました

1人が支援

¥50,000

『神幸祭』(講談社、1959年、初版本)(現品限り)

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

『神幸祭』は三池炭鉱の争議を取材して著わした小説です。社会的問題を採りあげ、会社側も労働者側も取材したうえで書かれた作品です。著作集や自選集にも収められず、文庫にも入っていません。入手困難な函入り初版本ですが、保存状態は良好。加藤の書庫に所蔵されていました。現品限りです。

定員に達しました

1人が支援

¥50,000

『称心独語』(新潮社、1972年、初版本)(現品限り)

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

日本文化に関する著作を中心に編まれた評論集です。「心にかなうことを独り語る」という書名に加藤の自負が表れていて、加藤の愛着が強かった書です。初版函入り、帯付き、瀟洒な装幀、保存状態は良好、現品限りです。

定員に達しました

1人が支援

¥50,000

『富永仲基異聞 消えた板木』(かもがわ出版、1998年、初版本)(現品限り)

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

江戸時代の思想家、富永仲基を主人公にした加藤唯一の戯曲です。前進座が上演しました。その後も文庫に収められず、著作集にも完全の形では収められていません。入手困難な初版本で、帯付き、保存状態は良好な初版本です。加藤の書庫に収められていました。現品限りです。

定員に達しました

1人が支援

¥80,000

『日本文学史序説』(上下、筑摩書房、1975、1980年、上製本)(現品限り)

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

加藤周一の代表作である『日本文学史序説』は並製本のほかに、わずかですが上製本も作成されました。今回御提供するのはその上製本です。初版函入りで、帯付きです。古書店でもなかなか入手できません。加藤の書庫に所蔵されていたものですが、保存状態は良好で、現品限りです。

定員に達しました

1人が支援

¥100,000

加藤愛用のパイプ(現品限り)

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

加藤周一は愛煙家でしたが、自宅外でパイプを使うことはなく、もっぱら自宅で使っていたものです。このパイプはフランス製ですが、いつ購入されたかは不明です。現品限りです。

定員に達しました

1人が支援

¥100,000

玄獎法師像(拓本)(現品限り)

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

加藤が中国を訪れたときに「玄獎法師像の拓本を購入した」ことが「手稿ノート」に記されています。玄獎法師は唐代の仏教僧であり、鳩摩羅什と並んで二大訳教僧とされます。また『大唐西域記』の著者としても知られています。大判(67㎝×143㎝)一葉、裏打ちはしてありません。現品限りです。

定員に達しました

1人が支援

¥200,000

加藤周一が使用したブックエンド(現品限り)

+ サンクスメール
+ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

ロダンの『考える人』のミニチュア複製のブックエンド。加藤が使用していたもの。首に少々の欠けあり。現品限りです。

定員に達しました

1人が支援

¥300,000

楊辛氏の書(軸装)(現品限り)

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

1996年に日航財団が「アジア・アートフォーラム」を開催したとき、北京大学の書家・楊辛教授が講師として招かれました。楊氏は来日の際に一幅の書を加藤に献呈されました。そこには絵のような「飛」という一文字が書かれていました。下方には詩歌が書きこまれている大判の軸装です。少々シミがついていますが、それ以外は保存状態は良好で、筒入りです。現品限りです。

定員に達しました

1人が支援

¥500,000

『加藤周一歌集』(現品限り)

+ サンクスメール
+ ホームページの謝辞欄に寄付者のお名前を掲載します。

湯川書房から1976年に刊行された私家版の歌集である。限定150部のうち13番。表紙は総革製。差込函入り、用紙は和紙。現品限りです。

残り1個

0人が支援

Recommend

おすすめのプロジェクト

検索結果がありません。