/images/partners/ritsumei-logo.png

挑戦をもっと自由に

立命館大学発のプロジェクトを紹介するブルーバックス・アウトリーチ特設サイトです。

立命館大学公式サイトはこちら

Coming Soon!
次回公開のプロジェクトをチェックしよう!

今すぐ見る

立命館大学のプロジェクト

現在、立命館大学のプロジェクトはありません。

Coming Soon!
次回公開のプロジェクトをちょっとだけご紹介!

古気候学

マヤの遺跡に眠るシマシマの地層を掘り抜いて、文明衰退の謎に迫る!

北場 育子(立命館大学)

たび重なる干ばつは、マヤ文明を衰退に追い込んだのか? 私たちはこの謎に迫りたいと思っています。

3年間におよぶ予備調査を経て、今年ついに見つけた重要な手がかり。マヤの遺跡にある湖に眠っていたシマシマの地層――年縞(ねんこう)。この縞模様の1枚は、1年の時間に相当します。年縞の中には、当時の環境を反映した化石や物質が含まれています。つまり、年縞をひたすら細かく分析することで、ある特定の年に発生した干ばつや大雨、さらには古代のマヤ人が経験した気候変動の証拠まで見つけることができるのです。

2020年3月、私たちの挑戦が始まります。この地層を手作業で掘り抜き、マヤ文明の歴史を完全にカバーする年縞を手に入れたい。そして、古代マヤ人が経験した気候変動のすべてを明らかにしたい。しかし、厚さ1mmにも満たない年縞をカミソリで削いでいくような繊細な研究には、途方もない時間と労力、そしてお金がかかります。つまり、みなさんのご支援がどうしても必要なのです。

ご支援いただいた方には、調査隊が使っている調査グッズや、持ち帰った年縞を実際に見ていただく機会、さらにはメキシコでの掘削調査に参加できるツアー(マヤ遺跡の発掘現場ライブ見学付き)など、マヤ文明や研究チームの息遣いを身近に感じていただける返礼品をご用意しています。

ぜひ私たちと一緒に、マヤ文明衰退の鍵を探す旅に出ましょう! 応援よろしくお願いします!