情報科学

あの「イグノーベル賞」受賞者二人による「人を笑わせ、考えさせる」研究を支援!

マッドサイエンティストの進撃! 面白おかしいようで、よく考えると奥深い。そんな不思議なモノづくりの研究を応援してください

栗原一貴(津田塾大学)
Twitter シェアボタン
Facebook シェアボタン
これまでに集まった金額
¥188,000
37.6%

サポーター

13

残り

8

お気に入りに追加する

このプロジェクトは、までに目標金額の¥500,000が集まれば成立します。

Twitter シェアボタン
Facebook シェアボタン
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00
Progress: NaN%
活動報告はまだありません。

栗原一貴

津田塾大学
情報科学科
教授 / ワシントン大学 客員研究員

研究内容

情報科学、特にHuman Computer InteractionおよびEntertainment Computing

自己紹介

物議を醸すシステム開発を得意とする情報科学者。現在米国ワシントン大学で研究修行中。2012年イグノーベル賞受賞。 MashupAward2016最優秀賞受賞。

プロジェクト数

1

プロジェクトについて質問する

リターン

¥1,000

研究報告書(PDF)にお名前掲載し送付

プロジェクト成立1年後をめどに研究報告書を作成し、PDF版でお送りします。報告書には私どもからの進捗報告や感想とともに、ご支援してくださったみなさまのお名前も掲載させていただきます。掲載するお名前は、ペンネームでも可能です。

個数無制限

5人が支援

¥3,000

栗原・塚田による研究発表映像配信 ほか

プロジェクト成立1年後をめどに研究成果の発表映像を配信いたします。

以下のリターンも付属します
・研究報告書(PDF)にお名前掲載し送付

個数無制限

1人が支援

¥5,000

ウェブサイトにお名前を掲載 ほか

研究進捗と成果を我々のウェブサイトに掲載する際、そこに皆様のお名前を掲載し、謝意を表します。掲載するお名前は、ペンネームでも可能です。

以下のリターンも付属します
・研究報告書(PDF)にお名前掲載し送付
・栗原・塚田による研究発表映像配信

個数無制限

3人が支援

¥10,000

栗原によるアメリカ滞在研究日記を毎月お届け ほか

栗原が滞在中のアメリカのワシントン大学から、月に一度の限定メルマガを配信します。アメリカにおける生活、大学と研究などについて、栗原の視点から紡いでいきます。

以下のリターンも付属します
・研究報告書(PDF)にお名前掲載し送付
・栗原・塚田による研究発表映像配信
・ウェブサイトにお名前を掲載

個数無制限

0人が支援

個数無制限

1人が支援

¥50,000

論文謝辞にお名前掲載 ほか

プロジェクト成立1年後をめどに「これぞ!」という研究成果を論文等で発表する際、謝辞にお名前を掲載します。我々にとって、論文謝辞に個人の支援者を記載することは初めての試みとなります。掲載するお名前は、ペンネームでも可能です。

以下のリターンも付属します
・研究報告書(PDF)にお名前掲載し送付
・栗原・塚田による研究発表映像配信
・ウェブサイトにお名前を掲載
・栗原によるアメリカ滞在研究日記を毎月お届け
・イグノーベル賞受賞式2019リポート

※学会発表は論文を投稿し、学会に発表を認められないといけません。最善を尽くしますが、時期が遅れる可能性等があることを、ご承知いただけますと幸いです。

残り7個

3人が支援